維持費が安く取り回しが容易な軽自動車

今年四月から消費税増税で駆け込み需要が多くなりそうなこの頃、住宅、不動産、家電製品はともかくとしまして、食品にまで走る人が多いです。確かに消費税8%は大きいです。

 

その増税も自動車も例外ではなく、駆け込みで自動車を購入する人が増えると思います。
その自動車で安く購入することが出来るのが軽自動車です。日本の道路事情で登場した形式ですが、現在は海外でも受けいられています。
その魅力を上げていきます。

 

 

まず、維持費と税金が安い事です。普通車と比べて購入しやすいので、主に年輩の方は購入していますし、交通網が発達していない地域では、セカンドカーとして購入しているパターンが多く、都心部での自転車みたいな扱われ方で、文字通り生活の足になっています。
地方都市のスーパーでやたらと多く見受けられるのは、それが理由です。

 

 

次に小回りが利きますので、日本の狭い道路事情にフィットしていて、道の狭いところに家がある人は自動車を購入する場合は、必然的に購入してしまいます。

 

 

でも、一番の理由は運転しやすい点です。
言い方を変えれば、ゴーカート感覚で運転できるということです。

 

 

しかしながら、消費税増税の煽りを受けて、例外でなくなるといえます。